ようこそ☆ コチラはしがない趣味人『えぼるぶ』の日記・雑記ブログです( ̄▽ ̄;)
AdminWriteComment
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
えぇ~…とうの昔に年も明け、早くも1ヶ月が過ぎてしまった今日この頃ですが(^_^;)
今年も宜しくお願い致しまぁ~すえぼるぶです♪

さてさて。
前回は2週間と言う…異例とも言える早さの更新でしたが…
今回は相変わらずの遅更新…(^_^;)…丸々3ヶ月振りの更新でございますwww

前回の更新時点では、作業自体は記事内容から結構進んでいたのですが…
更新をせずにいた為に、今回の更新ではまた現状よりは随分前の内容となりますンで、ご容赦を(爆)

でわでわ早速本題へ入りましょ~~~かぁ☆


前回(第4弾)の作業では、失敗したボディトップの「キルト材剥がし」と…
黒パール柄のピックガード用材を使った「コントロール・キャビティ裏蓋&アジャストロッド・カバーの作成」までを紹介しましたので~

今回はまた、その後の作業から紹介して参りましょぉ~☆

…と言うか、既に数ヶ月前の作業の事になってしまって、どの作業を次にやったのか判ンなくなってます(^_^;)
…取り敢えず…
前回の記事の最後で…『ミスったらボディ造り直し』…とか書いてたので、多分この作業でしょぉw

はぃ☆
今までは、TEJボディFGZネックを完全に『別個』で作業して来ましたが…
今回で、その2つが合体致します♪
…まぁ勿論、これも一つの『通過点』でしかないので、完成まではまだまだ長ぁ~い道程があるのですけどねぇ~(^_^;)


…と、その前に。
ネックとボディを合体させる為に必要な部品も用意致しました☆

…何のことは無い…ただの『ネック・ジョイントプレート』なんですがね(^_^;)

ただ…元々のジョイント方法&寸法が違う別個体の部品同士を合体させる為に、初めからTEJボディに付いていた「FENDER寸法」の4点留めプレートは使えないンで。
しかもFGZネックは、前回や前々回でも出て来た様に「ヒールレス&変則4点&プレートなしの直留め」。
…まぁ、既にその穴は埋めてしまってるンで、元々の穴位置に囚われる必要もないンですがねw



つぅ事で、部分的にはTEJボディに元々開いていたジョイント穴を使いながら…
せっかくの「大改造」なンで、ココは一発TEJヒールレス化までしてしまおうと、オリジナル寸法での「ジョイントプレート新規製作」と相成りました☆


↓↓コレがそのオリジナル寸法の発注用プレート図面と完成品です↓↓



ヒールレス部分の穴位置が、FENDER系やその他のこの手のプレートと違い、若干内側&上側へ移動しています。
材質はSUS304…所謂「ステンレス」の2mm厚材を使い、金属加工業者さんに発注して制作して頂きました♪
ココには4枚しか映ってませんが、実際には5枚作って頂きました。
送料込みの1枚あたりの単価はおおよそ1200円ちょっと?…似た様な形の既製品を買えば、モノによってはもっと安いかもしれませんが…
色々と寸法を調べ、考えた結果、既製品で希望に合う寸法がなかったのでwww





画像・左:さすがに加工後そのままの状態では、ステン板表面にヘアライン状の細かい傷が出来てるので、人力で「バフ掛け」していきます。
一先ず表面を「均す」為に#600⇒#800⇒#1000⇒#1500⇒#2000と、サンディング・ブロックに紙ヤスリを装着し、ちまちまとサンデンングしていきます。

画像・中央:この辺は丁度#1000番辺りでサンディングした後だと思います。
「画像・左」の紙ヤスリの映り込みと比較してみると、ミニチュア・ギターの映り込みがハッキリして来てると思いますが、如何でしょ?w

画像・右:左側のプレートは磨き前、右側のプレートが磨き後…です。
紙ヤスリでサンディングした後は、何種類かのコンパウンドで磨いた後、最終的には「ピカール」で磨き上げました。
いやぁ~なかなかビカビカになりましたねぇ~☆ ほとんど『鏡』です(*^o^*)
磨き後のプレート側は、しっかりと「ねんどろいど・ミク」の『きゃぁーーー☆』顔が綺麗に映っておりますですo(*≧▽≦*)o



ンでもって~TEJボディとFGZネックの合体でございます☆

まぁ、現状では新たな「ネックジョイント」部の穴開けの為に、ボディとネック…それにジョイントプレートは両面テープで連結されてるだけですがね。
右側の画像は、ヒールレス加工を施す部分の大雑把なラインです。
俗にあるヒールレス加工を施されたギターと同様に、ネックジョイント部分そのものを全体的にスラント(傾斜)させると共に1弦側ヘッド寄りを丸く落としカッタウェイ部分の裏側にエグリを入れる…と言った形です。
因みにネックプレートから外れてる…元々あったジョイント穴は使わないので、木部用パテ(エポキシ系・タモ白)で完全に埋めてあります。

…この辺が前回の記事で書いてた『ミスったらボディ造り直し』の部分ですなぁ~☆
何つっても、元々のボディ形状を削り込んで変えてしまう訳ですからねぇ~。
しかも、ある程度ボディの強度や剛性に影響が出るであろう「ネックジョイント周辺」を大きく削り込んでいく訳ですから、ミスった場合、当て木やパテ埋めでの補修&補強では強度的にちょっと怖いですし(>_<;)



さて…では実際の作業内容へ参りましょう☆


画像・左:さぁ~、いよいよ『ミスったらボディ造り直し』作業へ突入しまっす☆
いつもながらに、パワーツールを使っての「騒音&木屑豪快撒き散らし作業」なので自宅では出来ず、職場の片隅に出張です♪
移動の為にバラしたボディとネック(画像左側)を、再びお互いのセンターをキッチリ合わせて合体(画像右側)します☆
…今、この画像の撮影日時を見たら「2014/10/31」でしたwww…3ヵ月以上前の作業ですなぁ(^o^;)

画像・中央:合体させた後、ボディとネックを固定させる為の「ジョイントボルト穴」を開けます。
ボディ・ネック・ネックプレートをクランプで固定し、プレートのボルト穴を基準に貫通穴(φ4)を開けます。
…画像が思いっきりピンボケで申し訳ない(^_^;)
左手でドリルを押さえ右手でカメラを持ち、如何にも作業中と言う感じを撮ろうとした結果ですw
…何か、プレートに映り込んだ景色の方にピントが合ってしまってますな( ̄▽ ̄;)

画像・右:ヒールレス加工・第一段階開始☆
ハンドサンダーを使い、ネックポケット裏・ジョイント部分のスラント加工をします(画像左側)。
さすがに人力なンで、キッチリと平面を出すのに苦労しましたが、かなりのレベルで平面になりました♪(画像右側)



画像・左:さてさてお次は、1弦側の角落としですな。
上記のスラント加工までなら、まだ「後戻り」は出来ますが…ココから先は完全に戻れません(>_<;)
でも、ココまで来たらもぉ~イっちまうしかないでしょ~~~(ヤケクソwww)

画像・右:…で、こんな感じになりましたぁ~☆
角落としとカッタウェイ部のコンター加工も終わり…取り敢えずココまで出来りゃぁ上出来でっしゃろ☆






作業終了して帰宅した後、改めてボディとネックを合体させて眺めてみるとぉ~…ん~~~…ネックが変わり、ヒールレス加工され、ウェストコンターも入り、トレモロ・キャビティも付き、コントロール・キャビティも拡張され……何か既に『TEJ』じゃなくなってね?( ̄▽ ̄;)
ンでもってズラぁ~っと並んだジョイント部の画像…
この後、最終的にはもっと追い込んでコンター廻りの処置を施しますが、初めてにしちゃ中々に巧くいったンじゃないっすかねぇ~(*^m^*)




…と言った感じで、今回の更新はココまでですかねぇ~☆






相変わらずチマチマとしか作業が進まないけど、やっぱこの手のホビーは楽しいですな♪

↓因みに現状(2015/02/06現在)は、こんな感じになってます☆↓






それでは、この後の進展もお楽しみにぃ~o(*^o^*)o

拍手[0回]


Comment Write
name
tittle
color
E-mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[<<前のページへ]     [home]     [次のページへ>>]
プロフィール
HN:
【えぼるぶ】…(元"J,J"Hiro)  
Profile:
趣味:車/バイク&モータースポーツ、ギター、イラスト描きetc…と「一貫性のない」趣味人
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
アクセス解析
powered by SHINOBI.JP | materials & design by 『FLAT-OUT』
|