ようこそ☆ コチラはしがない趣味人『えぼるぶ』の日記・雑記ブログです( ̄▽ ̄;)
AdminWriteComment
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
今日、久し振りに田舎の…正確には、本当の「田舎」じゃないけど…
被災地の気仙沼の友人から電話があった。                              

その友人も、行方不明者の捜索をする際に、瓦礫で足を傷付け、
つい先日まで破傷風で入院していたらしい。
その後も、更に行方不明者や亡くなった方々の捜索を続けていた
みたいだけど…
更に5人程、命を落とした共通の知り合いを見付けた…
…そぉ連絡があった。

彼ら、彼女らのご冥福を祈ります。


俺自身、その場に居ないので何かをする事も、助けの手を差し伸
べる事も出来ないでいるけど…
被災地は今も尚、「復旧」と言う言葉を当て嵌めるには程遠い状況。
TVや報道では、多少なりとも復旧の様子が流されていたりするけど
被災市民の生活は一向に改善されていない…

今年の夏は、田舎に帰る程の長期休暇を取れない事から、田舎の
両親に会う事もおろか、友人達の居る被災地に赴く事も出来ない。
それでも出来れば、被災地の惨状をこの目で見て、自分の中に
焼き付けておかないとならないとは思う。

友人もそれを望んでるし、こぉも言ってた。

「この地を知っているお前にも、今の状況を見ておいて欲しい。
 電話が復旧してから、一番最初に安否確認の電話をくれたお前なら
 被災地の皆の苦労も判ってくれると思う。
 それに、気仙沼を出て行ってる他の連中もそうだったが、この現状を
 見るだけでも、何かが吹っ切れるらしいからな。」

…要は、周囲を見る目も変わるって事なんだろうと思う。
だからこそ、俺も一度行って来なくちゃならないな。


4か月経ったごく最近、その友人もやっとネット環境を復旧出来た
らしい。
被災地そのものの中でも、内地に住居があり、住居周辺の被害が
いくらか軽微な場所でさえ…ね。
Web上では、既に震災は「過去のモノ」として扱ってる報道もある。
そんなのを見て、被災地の人達がどぉ思うだろう。



ここで私が何を言った処で、何も変わらないだろうけど。

ただ被災地の惨状を忘れずに、個人としてでも何かの役に立てる
よう、考えて行きたいと思う。

拍手[0回]


Comment Write
name
tittle
color
E-mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事にトラックバックする : 
[<<前のページへ]     [home]     [次のページへ>>]
プロフィール
HN:
【えぼるぶ】…(元"J,J"Hiro)  
Profile:
趣味:車/バイク&モータースポーツ、ギター、イラスト描きetc…と「一貫性のない」趣味人
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析
powered by SHINOBI.JP | materials & design by 『FLAT-OUT』
|